森繁久彌さん大往生に次男・建(たつる)さん会見


 10日午前に老衰のため都内の病院で死去した
俳優・森繁久彌さんの次男・建(たつる)さんが
11日午後、都内で会見を行い「先ほど(親族だけで)
代々幡斎場で送ってきました…」と沈痛な面持ちで語った。

演劇界初の文化勲章受章者でもある父の訃報にともない、
所属事務所の代表・守田洋三氏同席のもと会見を行った建さんは
「寿命をきっちり使い果たしたと思います。
裏表の無いさっぱりとした潔い父。命を全うしたと思います」。
お別れの会などの予定については「これから関係者にご挨拶した後、
考えたい」(守田代表)という。

詳細はこちら⇒RANKING




 96歳だった森繁さんは、2002年に滞在していた沖縄で
心筋梗塞により倒れ、一時は危険な状態に陥ったが回復。
その後、定期的に医師の診察を受けていたが、
今年7月22日に「肺炎の疑いがある」として
都内の病院に入院していた。

有名人ということもあり、なかなか外出することは
難しかったようだが、建さんによると
「看護師さんとも仲良くしていたと思います」。

その後、9日朝に容態が悪化し危篤状態に。
幸い、親族は最期に間に合い人生の幕を閉じる瞬間を
見届けることはできたという。

また生前、森繁さんからの具体的な遺言などはなかったものの
「(葬儀などは)こじんまりとやって欲しい」という森繁さんの
生前の希望を尊重すると共に、
「最後は父として送ってやりたかった」という思いから、
通夜や葬式などを特に行わない家族葬に近い
密葬形式で送ったという。

森繁久彌次男・建(たつる)会見動画1⇒RANKING
森繁久彌次男・建(たつる)動画像2⇒RANKING


 森繁さんを送る際、紋付はかまの正装にして
周囲に亡き妻や実父・母の写真と孫らが作った
折り紙を一緒に入れたと説明した建さんは
「俳優という意識は持たないようにしていた。
いい親父でした。最後の言葉も『楽しかった』と
ごく普通の親子の会話でしたね」。偉大な父との思い出
は「今すぐに思い出すのは難しい…」と涙ぐんだが
「昔の作品が再放送されるから『一緒に見よう』と言っても
『もう終わったこと』というぐらい潔い人。
また、どんな人にも『ありがとう』と頭を下げていたのは私自身、
勉強になりました」と振り返った。

(引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000006-oric-ent


HIROBA

96歳

大往生ですよね?

ただ謹んでご冥福お祈りいたします



★芸能人の画像や動画なら⇒芸能広場 
★芸能人のブログを読む?⇒芸能人ブログ全集 
★芸能人のうわさが満載⇒芸能界のう・わ・さ!! 
★深夜バラエティの動画見る?⇒ゲーノードランカー 
★2ちゃんねるの評価見る?⇒芸スポまとめblog 
★もっと深い情報ならここ⇒芸能ニュースAM2 



ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。